ブログCMSのWordPressで不動産ホームページが制作できる無料の不動産プラグインを試してみる。

オープンソースのブログCMSでWordPressは有名ですね。プラグインと呼ばれる追加機能を使うことで、ブログだけでなく更新機能付きのホームページにしたりですとか、ショッピングサイトにできたりですとか、いろいろな用途に応じたサイトを作ることができるようですね。

今回は不動産ホームページが制作できる無料の不動産プラグインを試してみましたので、導入から設定までの記録を残しておく事にします。

「不動産ホームページ」とインターネット検索すると、検索結果にたくさんのサービスが表示されます。一部無料のものであったり有料のものであったり、ASPのものであったりと、本当にたくさんあるなぁと感じます。

不動産プラグインは、オープンソースのブログCMS、WordPressをベースにして追加機能として導入して不動産ホームページを作ります。更に追加導入する機能には有料のものもありますが、基本的な不動産ホームページはWordPressと不動産プラグインの導入で充分に機能します。

不動産プラグインのメリット

  • WordPressに簡単にセットアップできる。
  • 物件条件検索機能も標準でついている。
  • 物件情報をCSV形式で取込める。
  • GoogleMapsで物件の位置情報を表示できる。
  • ブログとしての機能も使用できる。
  • 追加プラグインで機能アップもできる。

機能的なメリットはたくさんあります。ただ、一番のメリットとしてはやはり導入コストの低さではないでしょうか。かかるコストはMySQLなどのデータベースが使えるレンタルサーバの費用と独自ドメインの取得や維持費用のみ。よくあるような月額幾らでサービスを利用できます、といったようなランニングコストが発生しないので、ここがポイントだと思います。

不動産プラグインの推奨環境

  • WordPress 3.3.1 日本語版以降
  • PHPバージョン 5.2.4 以降
  • PHP動作モード CGIモード (又は 非セーフモード)
  • PHPメモリーリミット 128M以上
  • MySQL 5.0.15 以降

WordPressに不動産プラグインを導入して動かすための推奨環境も、基本的にMySQLなどのデータベースが使えて、PHPが使えるレンタルサーバであれば問題無さそうです。例えばさくらインターネットのレンタルサーバでしたらドメイン費用も含めて年間1万円ほどのインフラコストだけで運用できるようですね。ロリポップやXREAなどのレンタルサーバでしたら、ドメイン費用もムームードメインやValuedomainを使えば安いので、もう少しランニングコストも抑えられると思います。

不動産ホームページ制作から公開まで
不動産プラグインを使って不動産ホームページを制作、公開、運用するまでの流れをまとめてみました。

  • レンタルサーバを用意する
  • 独自ドメインを取得してレンタルサーバで運用できるようにする
  • オープンソースのブログCMS、WordPressの最新バージョンをダウンロード、インストールする
  • WordPressの管理画面から不動産プラグインをインストールしてプラグインを有効にする
  • 不動産プラグインの初期設定をWordPress管理画面上から行う
  • 他に必要な設定をしたり、プラグインをインストールしたりする
  • お手持ちの物件情報を登録する
  • 公開から運用までのテストを行い、不動産ホームページとして公開する
  • 適時お手持ちの物件情報を登録、編集したり、新着情報を更新したりする

注意点は不動産プラグインのインストール方法ですね。FTPでプラグインごとアップロードしたくなりますが、WordPress管理画面から圧縮ファイル毎アップロードしてインストールしないと上手く動かない事もあるみたいです。この他に、物件登録方法が1件毎の登録ですとかなり面倒なので、CSVデータでの取り込みなどを検証する必要があると思います。

不動産プラグインの紹介サイトにはダウンロードからインストール、初期設定、運用方法、FAQまで細かく丁寧に記述されています。見ながら進めていけば、導入も難易度は高くないと思います。ですが導入後のデザインカスタマイズや追加プラグインの導入などは少し複雑なようなので、じっくりと取り組む必要がありそうです。

とは言いましても、WordPressや不動産プラグイン自体は無料で配布されているので、本当にコストを抑えた不動産ホームページが構築できるのが強みだと思います。

ただ、公開しただけではユーザーさんも集まりませんので、集客は自前で考えていかないといけません。ソーシャルサイトを使ったり、既存の広告~集客手法に不動産ホームページのURL(アドレス)を追記したりなど、工夫は必要になると思います。

使い方の例としてですが、大手不動産ポータルサイトのサービスを利用しながら、ポータルではおすすめの物件を登録して、他の物件を不動産ホームページに登録、不動産ポータルサイトから流れてきたユーザーさんに他物件を見ていただく、という使い方などが考えられると思います。

などと考えながらも、非常に使い勝手の良い仕組みでしたのでメモしておきます。

WordPressと不動産プラグインで作成した不動産ホームページのデモサイト。
WordPressと不動産プラグインで作成した不動産ホームページのデモサイト。インストールや設定時間よりこの投稿をまとめている時間のほうが長いような気がする位、慣れると導入もスムーズです。

不動産ホームページの物件詳細ページ。
不動産ホームページの物件詳細ページ。物件登録時に物件所在地の緯度経度を登録するので、ページ生成後に地図に物件所在地がマークされます。最寄からのルートもマークアップされます。物件の管理番号も設定できるので、画面下部のお問い合わせフォームから問い合わせた場合、手元に届くメールにはどの物件からの問い合わせなのかが把握できるようになっています。

管理画面内のイメージ。登録した物件はこのように一覧で表示されます。
管理画面内のイメージ。登録した物件はこのように一覧で表示されます。1件毎に編集しますので、WordPressの操作を覚えてしまえばサクサク使いこなせるのはないかと思います。

ブログCMSのWordPressを使って無料で不動産ホームページが制作できる不動産プラグインのダウンロード、解説はこちらにリンクをまとめておきます。

WordPress日本語ダウンロードはこちら

不動産プラグインダウンロードはこちら

WordPress, オープンソース
公開日:
最終更新日:2012/12/10

関連記事

WordPressサイトにも組み込み導入できる不正アクセス対策のソリューションCapyCAPTCHAが気になる。

WordPressサイトにも組み込み導入できる不正アクセス対策のソリューションCapyCAPTCHAが気になる。

CapyCAPTCHAは不正アクセス対策に導入できるソリューション。パズルのピースやテキスト

記事を読む

no image

WordPressで不動産サイトを作る時にサーバのPHPバージョンが合わなくてプラグインのインストールにも困ったお話。

不動産サイトをWordPressと不動産プラグインで制作する事になったのですが、お客さまがお使いのレ

記事を読む

no image

FAQサイトやFAQシステムが無料で作れる日本語対応のオープンソースphpMyFAQ。

phpMyFAQはFAQサイトやFAQシステムを無料で構築できるオープンソースソフトウェア。

記事を読む

Nivo Slider For WordPressで画像スライダー表示した時に最後の画像でスライドを止める方法。

Nivo Slider For WordPressで画像スライダー表示した時に最後の画像でスライドを止める方法。

WordPressで画像スライダーを表示させる時によく使のがNivo Slider For Word

記事を読む

ショッピングサイトをやるならWordPressのWelcartプラグインが良いと思うの10の理由。

ショッピングサイトをやるならWordPressのWelcartプラグインが良いと思うの10の理由。

商品やサービスをインターネットで販売する時に欠かせないのがショッピングの機能ですよね。 その商

記事を読む

新着記事

WordPressで完全非公開サイトを作って営業担当がメールで送る営業結果を蓄積できないか。

WordPressで完全非公開サイトを作って営業担当がメールで送る営業結果を蓄積できないか。

都内の法人さんから依頼というか、相談された内容をどうやって実現できるか検討したので記録しとき

記事を読む

パソコンからかスマホからかサイトへのアクセスを自動で振り分ける方法。

パソコンからかスマホからかサイトへのアクセスを自動で振り分ける方法。

AndroidやiPhoneなど、スマートフォンを使っている人は多いので、例えばスマートフォ

記事を読む

WordPressの無料テーマやテンプレートが紹介されてる[テーマタンク]。

WordPressの無料テーマやテンプレートが紹介されてる[テーマタンク]。

[テーマタンク]はWordPressの無料テーマやテンプレートが紹介されているサイト。

記事を読む

受け取り方もいろいろ、日頃の小さなありがとうが贈れるWebサービス[giftee]。

受け取り方もいろいろ、日頃の小さなありがとうが贈れるWebサービス[giftee]。

あんまり人に何かを贈ったりとかした事ないんですが、贈り物がもっと手軽になるかなと思ったWeb

記事を読む

会員サイトをオープンソースCMSで構築する時はWordPressとWP-membersプラグインが良いかもしれない。

会員サイトをオープンソースCMSで構築する時はWordPressとWP-membersプラグインが良いかもしれない。

下記のような小ぢんまりとした会員サイトをオープンソースのCMSで作ろうと思っていろいろと調べ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WordPressで完全非公開サイトを作って営業担当がメールで送る営業結果を蓄積できないか。
WordPressで完全非公開サイトを作って営業担当がメールで送る営業結果を蓄積できないか。

都内の法人さんから依頼というか、相談された内容をどうやって実現

パソコンからかスマホからかサイトへのアクセスを自動で振り分ける方法。
パソコンからかスマホからかサイトへのアクセスを自動で振り分ける方法。

AndroidやiPhoneなど、スマートフォンを使っている人

WordPressの無料テーマやテンプレートが紹介されてる[テーマタンク]。
WordPressの無料テーマやテンプレートが紹介されてる[テーマタンク]。

[テーマタンク]はWordPressの無料テーマやテンプレート

受け取り方もいろいろ、日頃の小さなありがとうが贈れるWebサービス[giftee]。
受け取り方もいろいろ、日頃の小さなありがとうが贈れるWebサービス[giftee]。

あんまり人に何かを贈ったりとかした事ないんですが、贈り物がもっ

会員サイトをオープンソースCMSで構築する時はWordPressとWP-membersプラグインが良いかもしれない。
会員サイトをオープンソースCMSで構築する時はWordPressとWP-membersプラグインが良いかもしれない。

下記のような小ぢんまりとした会員サイトをオープンソースのCMS

→もっと見る

  • がんばる便利屋さん
    にほんブログ村 その他生活ブログ 便利屋へ
PAGE TOP ↑